明けましておめでとうございます。

本年もカヌーパークOKAYAMAをよろしくお願いいたします。

旧年中は沢山のお客様にご利用いただきありがとうございました。
本年もご愛顧いただけますようスタッフ一同お待ちしております。

さて、4月12日(日)には9回目を迎える
岡山城・後楽園カヌー駅伝大会が開催されます。
毎年熱戦が繰り広げられております。
ご参加されたことが無い方も是非この機会に
仲間を募って参加してくださいね。

大会チラシ
http://canoeclub.web.fc2.com/2020flyer1.pdf

大会要項
http://canoeclub.web.fc2.com//9thyoukou.pdf

参加申込書(2020年3月10日(月)必着))
http://canoeclub.web.fc2.com/2020flyer0.pdf

本年もお世話になりました。

気が付けば年の瀬。
9月初旬以降更新ができておりませんでした。

止まっているようで実は色々活動しています。
メンバーの色々なツアー企画や例年お世話になっている
岡山理科大学教育学部さんの授業などなど。

この土日はコスプレカヌーと餅つき。

ハイシーズンは沢山のお客様にお越しいただき
誠にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。
来る新年もよろしくお願いいたします。

カヌーパークの役員。
この日は会計の方が都合が合わず欠席。
元気なじーさん勢揃い。
高梁川エコツアー
このエテ公は管理人です。
ウキっ!
犬島エコツアーのワンシーンです。
この砂浜の近くに古墳と貝塚があります。
我らのマスコット櫂(かい)くんです。
吉井川のツアーの時に駆けつけてくれました。
すくすく育てよ♪
吉井川ツアーの集合写真。
撮影はY上姐さん(笑)
吉井川ツアー
迫力のある山陽自動車道の吉井川橋脚
恒例のクリスマスコスプレ。
なんと撮影はY上サンタ。
トナカイは役立たずです(笑)
クリスマスコスプレ集合写真。
もちつきのワンシーン
もちつきの洗い物など。
スクールのママさん大活躍♪
手際よくマッハで片付け終了。
高梁川 石蟹ー井倉洞ゴールの時の写真
管理人の所属クラブである志度湾シーカヤッククラブとカヌークラブの合同忘年会
一番手前の大きなヒトデは管理人です。

9月9日(月)RSK山陽放送「ごじまる」カヌーパークOKAYAMAが紹介されます!

タイトルのとおり、9月9日(月)17時から
カヌーパークOKAYAMAのツアーの模様が
RSK山陽放送「ごじまる」さんで放映されます。

岡山県住みます芸人の
江西あきよしさんが紹介してくださいます!

お時間のある方。是非チェックしてくださいね!

カヌー通信の記事でも紹介されました!

ハイシーズン到来

連日の猛暑で大変ですね。
管理人もうだる暑さに参っています。

そんな中ですが、もうすぐお盆休みに突入ですね!
まだまだご予定も決まっていない方も多いと思います。

カヌーパークOKAYAMAでは前日までツアー受け入れを
しておりますので、後楽園の水面でゆったりされたい方
是非お申込みください。

アソビュー(カヌーパークOKAYAMAのツアーURL)
https://www.asoview.com/base/153839/?sort=asoview&destinationType=area&destinationId=are0330200&adultQuantity=1&childQuantity=0

管理人は先日島根半島ジオパークに行ってきました。
ダイナミックな日本列島の成り立ちを物語る岩の露頭や
加賀の潜戸と透明度の高い海を漕いできました。
その模様を少し掲載しておきます。

加賀の潜戸(新潜戸)
加賀の潜戸内部(写真ではわかりませんが、海水はすごい透明度です)
続内部(少し支洞があります)
旧潜戸出口から桂島方面を望む
潜戸出口(往路)
潜戸出口(復路)
ダイナミックな褶曲地層に魅入られる

20190706岡山理科大学自然フィールドワークセンター主催 牛窓前島一周エコツアー

7月6日は岡山理科大学自然フィールドワークセンター主催の牛窓前島一周エコツアーでした。

シーカヤックは初めての方もおられましたが、レクレーショナルカヤックよりもグングン進む。思ったより安定しているなど様々なコメントを聞きました。

風や潮流が激しく初心者の方もおられたため、一周は断念し、危険個所を避けてのパドリングとなりました。

私の所属チームである志度湾シーカヤッククラブの方々も応援に駆けつけてくれ、昨年と同じくカメノテ名人による食育も素晴らしく、また上陸直前は特に誰が声掛けするでもなく暫くロール練習モードに。デモのつもりはありませんでしたが、師匠もスゴ技を連発していたので、学生さんたちもしばらく鑑賞されている方もいました。

一周は断念せざるをえませんでしたが、海の素晴らしさと怖さを合わせて体感できたのもまた良かったのではないかと思っています。

是非、また機会があったら、今回学んだことを活かして、カヤックにチャレンジしてくださいね♪

加計学園前島研修所前の浜より発艇!
漕いだことがある方は、シーカヤックはレクレーショナル艇より軽くスイスイ進み安定感もあるなどのコメントをされていました。
この先、初心者には辛いうねりとなる。
熟達者が横や後ろに付き、フォローを行った。
志度湾シーカヤッククラブの熟達者に進行方法の安全確認をしてもらっている間。しばしの休憩。
波はそれほどでも無いが、潮の流れが早く初心者には辛い状況となるため引き返すことを決断。経由地で休憩を取ることにした。
休憩地。大きなシーカヤックが並ぶのは壮観!
なかなかこれほどの艇数が揃うことは無い。
休憩中に何故か腹筋トレーニングを始める志度湾メンバー。
ちょっと爆笑してしまった。
写真はもう無理~と倒れるW隊員。
ただ引き返すだけでは面白くないので、島の西の端まで行くことに。
やはり沢山艇がいると楽しい。